2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.16 (Fri)

今の想い&244 ENDLI-x LIVE

日曜日に、エンドリLIVEに参戦して...

そのまま...
苦しくなっちゃった。。。


エンドリケリーのことも、キンキのことも、詳しくは知らなくて...
でも、いつの頃からか、244くんの生歌が聴いてみたくていて...
その気持ちだけで参戦したんだけど。
(曲も全部知っていた訳ではなく...。)


仙台市体育館でのLIVEの時は、
初参戦だったということもあるし、席もアリーナの後ろの方だったし...
やっと逢えて、聴けて、体感出来たー!って感じだったんだよね。

それが、Zepp SendaiでのLIVEでは...
ライブハウスで狭い分、アットホームな雰囲気もあって、
MCなんて、ぶっちゃけ過ぎ~~。(元々なの??)

席は、Dブロ最前(柵)をGET!
(1階席は、前からA→B→C→D→Eブロ。2階席も合わせると1500人程の会場)
柵がある分、楽なんだけど、244くんの足元が見えなかった。
まぁ、それでも顔とかは肉眼でちゃ~んと見えたんだけど。

ライブハウスって、2年以上行ってなかったんだけど、
なんか、懐かしかった。
以前は、成田昭次のLIVEに行ってたから...思い出しちゃった。
(今は、LIVEに行ってないけど、根本的には好きだしね。)

そして、
“私って、バンドが好きだったよな~”って思い出しちゃった。
特に、ギターの音が好き。
弾いてる指が好き。
弾いてる人も好き。

244くんは、かなり長い時間、歌無しでセッションしてたりするんだけど、
その音を聴いてたり、見てたりすることが心地良かった。


MCは、本当にぶっちゃけ過ぎで...
(ハッキリとした言葉は覚えてないので、ニュアンスなんだけど。)

今回、シングルとアルバムを出したんだけど、
プロモーションでTVとかメディアへの出演要請もあって...
でも、取材を受けた訳でもないのに「“ENDLICHERI☆ENDLICHERI”から“244 ENDLI-x”に改名した」と、先に伝えられてしまったらしい。
「改名」なんて一言も言ってないのに。
メディアでは『大事なところがカットされていたり、自分の想いとは違う様に書かれてしまったりするから出なかった。』ってなことを言っていた。
(こうゆう話って、昔、昭次も言ってたの。)

それから、
『自分がこういう事をやっていきたいって想いがあって、FANもそれを望んでいて...
せっかく同じ想いでいても、大人の人達がそう動いてくれなくて...
もどかしい時間を過ごしてしまっていることもある。』っても言っていた。
(これは、キンキコンとかかな?って勝手に思ってしまったんだけど...。)

具体的なことは、わからないけど、他のGにも言えることだと思ったよ。。。


244くんのギターを弾いてる姿はもちろんだけど、ドラムを叩いてる姿も好きだった~。
叩きながらの笑顔が可愛かった。
ベースも弾いちゃうし、キーボードもだし...凄いな~~。
(LIVE中、「可愛いー」って言われると、『わかってる』って笑ってた。←そこがまた可愛い。)


『今回のツアーの中に(前日の)郡山が入っていたのが、ちょっと不思議』ってなことも言ってたかな。
『別に、郡山がどうこうじゃないんですけど。』って。
(参戦した方の話によると、600人程のライブハウスだったんだって。←ビックリ!!)


アンコでは、即興で歌詞をつけたりしてたんだけど...
『キスの仕方を教えようか~?』って2回繰り返すし~~
会場「きゃあ~~~~~!」だよ。
『さぁ、みんな目を閉じて~』って3回。
思わず、目を閉じちゃったじゃん。
で、『チュッ』だってぇ~~~~
倒れそうになったーーー!!!!!


Wアンコは、公演終了のアナウンスが流れても、みんなが粘ったから実現したんだけど、
2曲やって、それがどっちも即興!

2曲目なんて、『もう1曲やろう!』って話になって、ステージ上でメンバーが集まって、紙に書いたりしながらコードを決めて。
それなのに、244くんの歌詞が、あまりにもピッタリハマっちゃって、全然即興って感じがしなかった~。
本当に凄い!!

歌い終わって、『今の、カップリングとかにいいよね?』
『今日、1番良かったんじゃない?(笑)』って言ってた。
スタッフに『録ってあるよね?』って念を押して確認してたから、いつか形になるかも。

『もう1度呼んでくれたから出来た曲で...今日、この場所の誰ひとりが欠けていても生まれなかったと思う。』って☆

歌詞の中に“死ぬ勇気なんてないのに”みたいなフレーズもあって...
18歳の頃、死にたいと思っていたことも言ってたな~。
「与えられた仕事をこなしているだけだった。」みたいな...
でも、『音楽があって助けられた』と...

後輩から“笑顔でメディアに出ている自分は、本当の自分じゃなくて...”って相談を受けたこともあるらしい。


244くんが、話してる時って、みんな静かに聞いてるの。
それも、素敵な空間だった。

『また大人の人に話をして、仙台に来る機会も作れるようにしたい。』って言ってくれた。

最後の1本締めには笑えたけど。
(そんなLIVEは初めてだー。)


244くんが、あまりにもストレートで...
ちょっと考えさせられて...

愛も沢山貰えて.....



今回、2回逢った244くんは、おヒゲがあったけど、髪はサラッサラで可愛かった~。
(出来れば、おヒゲの無い顔が見たかった...)
ちゃ~んと客席も見てた。

あ、もちろん、歌声は最高だったよ☆



そういや~、私、体育館で3時間参戦した時は、足が痛くなって、翌日には腰まで痛かったの。
でも、Zeppでは3時間25分、大丈夫だった。(柵に助けられた?)

体育館で、何となくノリについていけないところもあったんだけど、Zeppでは振りとかジャンプも出来てたし~。
(エイトほど、振り無いしね。)



まだ、頭ん中がまとまらない感じだけど、
これ以上放置すると忘れちゃうので~。


また、機会があったら参戦しようと思う☆


〔今回のチケ。会場毎に言葉が入ってるの。私が持ってるのは「ヲ」と「ッ」
全部繋げると「アイシテル君タチノコトヲズット」〕
スポンサーサイト
01:55  |  ENDLICHERI☆ENDLICHERI  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。